処遇改善加算

特定処遇改善加算・処遇改善加算Ⅰに対応します。

介護職員等特定処遇改善加算・介護職員処遇改善加算Ⅰを取得していない事業所については、特定処遇改善加算ⅠまたはⅡ、処遇改善加算Ⅰを取得および運用について全面的にサポートいたします。

1.(特定) 処遇改善加算のメリット

  • 社員の給料が上がり、定着率が向上します。
  • 求人票に高い給料が表示でき、応募数の増加が図れます。
  • キャリアパスが明確になり、社員の安心感やモチベーション向上につながります。

2. (特定)処遇改善加算のデメリット

  • ご利用者、ご入居者の負担が増える
  • 給与に加算するため、給与計算が複雑化、手当の支払額の管理が必要になる。
  • 計画書の提出、報告書の提出が煩雑で時間と手間はとてもかかる。

特定処遇改善加算・処遇改善加算Ⅰの取得することは、今後介護事業を運営するにあたっては必須事項と考えております。

デメリットの内容は、事務の手間がかからないように当事務所がしっかりとサポートしてまいります。 ご相談をお待ちしています。